■CALENDAR■
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    
<<前月 2014年04月 次月>>
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
USER PW:
■ADMIN■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■LINK■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■

北陸・関西・北海道出張ブログ版4
今日は休みであります、昨日は夜勤明けだったんだけど、なんだかんだで
寝ないで日中出かける羽目になってしまい、帰宅後19時過ぎにはドロップしてしまい
起きたら09時近かったです、まるw

話を本編に戻すw

羽幌の道の駅、ちと寒いような気はしたけど


一応、それなりに装備はしてあるもんで、狭いながらも楽しい車中泊でおましたw

5/3、0530おっき。
コーヒー(普通の)買いに行きつつぼちぼち散歩、なんとなく寝不足な気分
しかし、今日も長距離運転が待っている、もういやだ、これから行けば小樽1030新潟向けのフェリーに十分間に合う。
もう、それで帰ろうw
しかし、そこまででも、十二分に長距離運転をする羽目になるわけであってだw
進むも地獄、引くも地獄、車を捨てて便利で酒も飲める公共交通機関で帰るかw
ここにおきっぱじゃなんだから、この車差し上げます、無料進呈、早い者勝ち1名様限定!とか張り紙して


だめかw

0700過ぎ、展開開始。
フェリー乗り場の対岸にある桟橋に移動、これは車ですぐの場所。
これ以上探す(ここしか探していないが)のも面倒なので、ここで待ちをかける事にする。

0800に先発の高速船さんらいなぁが出航、あまりお客さん乗っていないです。


0830にフェリーおろろん2が出航、こっちは暴露甲板に結構お客さんいらっしゃるようで。
お気をつけてお出かけくださいましw


おれがしょぼい機材で必死こいて撮影している時にくずから電話、羽幌についたから迎えに来いと
貴様の優先順位は限りなく低い、おれが行くまで待っていろ、嫌だったら自力で移動しろ、いじょw

0845羽幌の沿岸バス本社のとこでくずを回収、気が利かんやつだ。

朝飯を食いたいが牛丼やマクドがある土地では無い、オロロンラインに道の駅はあれども
朝飯になりそうなものは無い、コンビニつってもセコマぐらいしかないが、弁当あまり美味しくないしなあ。
と、空腹と欲望に葛藤しながら1030ぐらいに天塩新港到達、利礼航路の避難港として使われております。


画像ではわかりにくいが利尻富士がうっすらと
富士と言われてもこちとら全国富士と呼ばれる山は数あれど本場の富士のお膝元からきている者である。
車も富士山ナンバーである事から、世界自然遺産たる本家富士山のパクリは認めない、という毅然としか考えを持って事に望む事にするw

そんなアホらしい事を考えつつ1130過ぎに抜海通過、抜海は以前、利礼航路の貨物船発着があったが
ここは通過、貨物の発送にきた事あったしw

ノシャップ岬を回って、正午過ぎに稚内中心部到達。
とりあえず昼メシを食って、アクションを起こす。


言わずとしれた北防ドーム


これって船名は変わっても30年選手、まだがんばるのねw(れぶん)


こちらは浦河から移ってきた巡視船もとうら。

北防ドームは言わずとしれた稚泊連絡船の発着港なわけだが、鉄な皆さんへのアトラクションもありますよw


片方の記念碑、きれいごとしか書いていないのでねえ、単なる航路休止ではなく、停戦が成立したのち
国際法違反の暴挙とも言える旧ソ連軍の侵攻があって、やむなく休止に追い込まれたというのが事実でしょう。
正確に理解していないと誤解される恐れがある、あれじゃだめ。

このあたりでおれの目撃情報があったらしい、あまりバラさないでね、はずいからw

転戦して日の出埠頭に。


芋様のお導きで撮影しにくい「アインス宗谷」
(芋様=IMO国際海事機関、本船は国際航路に従事するため、内転させない限り、規制を受ける事になる。)


稚内フェリーターミナルビル、昔に比べて立派になったけど、テナントがずいぶん出て行ったらしい。
誰かさんだったらパンフ争奪戦を起こすんだろうけど、中に入ってないのね、今にして思えば勿体無いw


誰がどう見ても名鉄バスですね、ま、確かに名鉄のグループ企業なんだけどねw

続いて漁港に転戦。


もうヤケ気味にあいちゃんの反対舷、ほんとこれしかいないからやけっぱw


稚内水試の漁業調査船「北洋丸」間もなく20年選手。

このぐらいで稚内港は切り上げて、南稚内の市街地を通過、オホーツク国道のR238に入った途端、、、、
サイン会場の撤収途中でありました、ちょっと速度は出てたけど、なんとなくあぶいでしたw
くずは見張りもできないのかよ、自慢じゃないが役に立たないw

これは全く意味なしだけど、稚内空港に立ち寄って見る、ちょうど東京便がつく頃。

東京便がつくと混むので早々に撤収、いろはすを記念に購入しましたw

天候が落ちてきている、時間との勝負という読みは残念ながら当たったらしい、あははははw

空港から近い場所が宗谷岬。

雨が降り始めました、いやはや、なんともかんともw

このまま南下して、今夜はまともな旅館に泊まる、目的地は猿払村の鬼志内。

猿払村の道の駅にある旧温泉(温泉が枯渇したんだってさ)で風呂に入り、15時過ぎ旅館に入り撤収、今日はブレイクする。


ちょっとまてよ。

旅館と言ったら飯ですね、旅館飯ですよ、一杯飲みながら、うふふふふ。
でもね、1泊2食6000円だからあまり期待はしていなかったんですよ、でもですよ。


半身とは言え毛ガニ様がいらっしゃるのにはびびりましたw

この日は飲むだけ飲んで2030すぎには寝てしまうw

| http://t-fb.jp/blog/index.php?e=57 |
| 出張w | 11:26 AM | comments (0) | trackback (0) |
北陸・関西・北海道出張ブログ版3
夜勤しんどいですw

そう言えばスマル亭とユニクロコラボのTシャツが出るらしい。
欲しいなあw

5/1の夜も更けた綾部駅前に戻る。


くずは生意気にも2242着の特急列車でくるとかほざいている、700年早いわ。
普通列車ですら、乗せてもらえるだけ感謝せにゃいかん立場なのにw

と、人を散々待たせてくずが現れる、そのまま帰ればいいのにと思うが
車に乗ったと言うことは来るらしい、800年早い、おれに運転させといてw
腹の中でいくらぼろっかす毒を吐いてもばれるわけではないが、問題はその毒を
直接吐くことだと思うのね、きっとねw

30分ちょいで舞鶴港FT到着、おまえはここから先車に乗る資格は無いので、さっさと降りろ!
と、叩き出してやる、ここまで歩かなくて済んだだけありがたく思えw

あ、因みに乗船時、同乗者は徒歩で乗船ですw車での乗船は出来ませんw
叩き出したのは船社からの要請を受けた訳であって、私が悪いわけでは無いのねwww

日付は変わって5/2の0時過ぎ、乗船券をもぎってもらって乗船。
えっさほいさと、ランプウェイを上がって、割と階段に近いところへ誘導、らっきw
出張機材を抱えて客室へと上がる、本日ははまなすであります、ゴージャスに寝台を買ってあるw

0045静かに出航、今夜はくずに京都で調達させた弁当を食って、軽く飲んで寝てしまう。
風呂は朝風呂でいいや、と眠気に完全に敗北しているへたれなんです。


翌朝0900おっき、と言うかくずのいびきが大層喧しく、眠りが浅かった、やつは寝ているが
当然叩き起こします、おれより起きるのが遅いなんざ900年早い、ふざけたやつだ、と蹴り起こしますw
貴様には寝る資格は無い、起きろ、このいびき野郎!

まあ、起きた所で風呂に入ってビール飲んで寝るだけなんだけどw

と、上記の通りに相成りました、めでたしめでたしw

風呂は広いな大きいな、サウナーもあるし、お湯もでーる♪
と、デドックスを期待したわけではないがミストサウナに入り、心臓に重い負荷をかけて血管の2.3本切れかけた所で
汗をかいたので引き上げる、その後は勿論、うふふふふふふ、決まってるじゃないですかー
いまさら言わせるなんて野暮な事はやめにしましょうよおw

もう勝手に想像してください、何も言いたくないですw

ホップの影響芳しく、腹が減るw
正午過ぎ、昼飯!昼飯、ではないんですね、昼飯!なんですね、こう片っ端からくったろうじゃまいかとw
スターン側のレストラン、なかなかの混雑と思いきや席は結構空いている、喫煙はガラガラw


カレーとみそラーメンのセットで1000円、400円の生ビールを添えてw
味の方は可もなく不可もなく、カレーはおいしかったっす、船の昼飯はカレーに限るw
以前、新日本海の他船でカレーの大盛り頼んだら、えらい量が出てきて面食らった事がある。

いや、麺食ってるのは今かw
くずは新潟風のかつ丼とラーメン、敗北者の分際でかつ丼とは1000年早い、反省しなさいw


で、また寝る、どうせ下船してから夜のロングドライブになるわけだ。
くずに申し付ける「別命あるまでどっか行ってろw」、この一言で席にいる事もできずさまよう事になるw
かわいそうにねw

そうでもしないと運転手たるおれの休養時間が確保できない、運転手さんは寝るのも仕事ですw

夕方おっき


シアターのとこにある喫煙所からレーダーマストを何気なく、こう言う角度からレーダーマストを見れるのは素敵w

なんて感傷に浸っている暇は無い、晩飯、おれは酒飲めないが、くずは飲酒許可、買うのは自腹。

やつはかってきました、とほほほ、生ビール。。。。。。。



おれは飯大、豚汁、豚の角煮、イカの沖漬けなんちゅうヘルシーメニューな晩飯w
どうせ酒飲めないからお茶をくずに持ってこさせガバガバ飲んでやる、うはははは。
あーあwおいしかったw

じ後、下船準備、マップは車の中だがgooglemapで経路確認、規制状況も確認。
降りたら留萌でくずを捨てて羽幌まで走るが、下を行くか高速を走るか、あるいはこのまま折り返すか
悩むところですね、下道でもそこそこ流れるのが北海道なんだけど、事故もそりゃ多くなるわw

2040フィニッシュ、2110下船、あーめんどいw

ナビとしてくずの役立たなさはもう保証付なので、変な車線の切り方をしている道道にめげず
R5から一応札樽道に入る、札樽道は入口付近にETCへ書き込む装置はあるけど通行券の発券はないですよっと。
どうすんべと思案しつつ、ファーストチョイスを尊重する事にして、銭函で流出、もったいないかもだけど
信号回避出来た分、少しはメリットもあんべか、と思いつつオロロンラインを北上。

オロロンライン、雄冬の辺りもトンネル掘りまくって見違えるほど道が良くなっている、まあ通った事あるけどねw
この時間だとさすがに車も少なく、休憩しないで留萌に2340、くずを投げ捨てる、もう用は無いw

1人に戻る、今夜はいびきが無い快適な車中泊w
まったりと北上し、0035羽幌の道の駅、軽く夜食を食ったら、酒を飲む気力すら無く、寝具を展開し仮眠体制。
エンジンは切ってあるから飲んでも飲酒運転にはならんけどねw

えへへへへ、ごめんね、寝酒は買ってありましたw


| http://t-fb.jp/blog/index.php?e=56 |
| 出張w | 09:43 AM | comments (0) | trackback (0) |
北陸・関西・北海道出張ブログ版2
この出張、くずのあまりにも使えない加減に呆れたw
おれ自身相当気配りする方だと思うのだが、おれが何かおかしいのかなと思ったりしているw
そんなわけで、5/15の1300退勤直後から長野静岡の交通事情調査に出張していましたw

閑話休題。

4/30福井について、風呂に入ったとこまで書いた。

中略)
・直接関係無い人物登場のため内容は略しますw

再開

1300過ぎから単独行動に戻る、ホテルの部屋が使えるのが1500以降、休憩室で仮眠でも取るかと思ったが
往路は舞鶴から乗船、復路は苫小牧から秋田経由新潟まで乗船、敦賀に行けば1回の旅行で新日本海の
ターミナル制覇できると言うくだらない事を思いつき、R8経由で敦賀まで、そんなに混まないでしょう
と思ったら、鯖江で少し渋滞したぐらいでちょうど良い走りっぷりw

あの店、綺麗になったのね、とかとりとめない事を思いながら小一時間で敦賀。

めでたくも6月だか7月だかでお役御免となるすずらんだかすいせんが休航日のため停泊中
そしてKYKのRORO(ほくとかなにか)も連休中で商売上がったりと見えて停泊中。

せっかく敦賀にきたんだし、ターミナルでも見物しますかつっても何度も乗り降り、いや
前のターミナルビル時代から出入りしているところだし、天気もいまいちで撮影ロケハン張るのも面倒になり
少々用事を済ませて、敦賀から鯖江まで高速走行、やはり高速は早いねえ、当たり前かw

1600過ぎ福井のホテルと言うか健ラというかにRTB、サウナに入っておビール様飲んで、この日はほんとに夕方から
寝てしまう、さすがに0300おっきの仮眠無しはきついわな、明日も早いこったし、寝る子は育つw



翌5/1月が変わって0300おっきw、この日もかいw
福井に前入りした理由、急行きたぐにの撮影というか最後の583系を見たかったと言うのもあります。
かわいそうに福井市店も犠牲になり0330ピックアップしてもらう、さすがにこんな時間の外出だと
怪訝な目線がいたいw飲みとか飯には中途半端な時間だし、もっとも世の中24時間休まず動くのよね

とか、痛い言い訳をして見たりするのが、細やかなレジスタンスw

どこに行くか、特に決まっていないが、福井市の夜明けは0500過ぎ、光量不足は回避できそうにもないが
04時過ぎの福井だときつい、敦賀から先か、またそっちかよw

結果的に湖西線近江塩津まで高速経由で前進、業務を遂行するものとする、いや、実際したわけだが
ここで本線と待避線、駅の構成を取り違えると言う痛恨のミスw

あーきらめまっしょー、あきらめっしょう、すっきr(ry



05時前にとりあえずは作業が終わってしまうと言う、何ともな展開w
帰りは杉津の旧線区間を案内してもろて、07時過ぎRTB、風呂さはいって朝飯ささっとくって、もっかい寝直すw

1100から2R

福井駅前で指揮通信車に集約して、再スタート、昨日同様R8を西に進み、途中越前市内は三四郎で昼飯、昼から焼肉でっせw
(但し1000円のランチメニューであります)
ここでの食いっぷりは何も言いますまい、福井支店べびたんに「ご飯ぱくぱく食べてにこにこしてるねえ」とか思いながら
ほっぺたむにむにした立場上、とーちゃんがどんだけ食っても何も言える立場でも無いw
福井支店もぱくぱくたべてくれーw

うふふふふ

今回は敦賀を飛び越えてR27を西進し、三方五湖の遊覧船まで走行、予算と時間の兼ね合いから見物のみ。
乗って見たかったお、でも時間も資金もないおw、本来これではまずいのだが、今後を考えるとこれがベター
まあ、そのうち乗る事にします。

ジェット推進、恐らく水深がギリギリな箇所があるのでこう言う方式を用いたか?
水線下の形状が分からないけど、フラットに近い形状であれば機器配置にある程度、自由がききやすいジェットの方が有利なのかな
船体はずいぶんとお高くはなりますが、取り回しも楽なのかねえ、CPPしか操船した事ないから感覚は分からんけど。

続いて、観光有料道路を通行、何か高松の屋島ドライブウエイに似たふいんき。

違うのは展望台からさらに上までケーブルカーやリフトでてっぺんまで上がれる事か、当然別料金w


綺麗な芝桜が見えたよ


そのまま、有料を出て、スパルタンな道を走り、常神半島の先端まで走行、美味しい道のり♪
遊覧船としてグラスボートが就航、おれグラスボートってすきなんだわさー、とか思いつつ撮影だけw



福井はさすがに乗船したことがあるらしいが、昼飯を食うのに苦労したとかしないとか、確かに店はなさげですね。


再びスパルタンな道を走り、最後の三方五湖遊覧船、こちらは市営だか町営だか、なかなか立派なおふねです。


これで福井を敦賀まで送って、彼は帰宅、早朝よりご苦労さんでおました。

単独行動に戻ってから。。。。。。

height="239" alt="">
あはははは、おいしかったっす、敦賀駅立食い。

再びR27を小浜まで、日没前に何とか到達、遊覧船撮影を試みるが

素敵なくらい撮影場所が無いw

撮影後、舞鶴のターミナルに立ち寄るが、時間もあるし山陰線の綾部までくずを回収に走ることにするが時間があるので
高速に上がり、途中のPAで一眠り、そしたらOT先生から電話があり、縄張り嵐のご挨拶w
綾部到達後、時間が空いたので、ラーメン食って暇つぶし。



とりあえずはここまで。

| http://t-fb.jp/blog/index.php?e=55 |
| 出張w | 11:28 PM | comments (0) | trackback (0) |
北陸・関西・北海道出張ブログ版
最後まで書き切る自信はないw
中途半端に終わったらそれ迄とご理解下さいw

話は1月に遡る。
久し振りに馬鹿をやりたくなった、言語明瞭意味不明。
それが今回のコンセプトといっていいだろう、回りから馬鹿と言われても、それが快楽に昇華するくらいの勢いを以って
馬鹿をやりたい、所詮旅行、真面目にやっても仕方が無い、馬鹿で行く、そう馬鹿なおれが馬鹿で意味がないことやる。

まあ、当たり前と言っちゃ当たり前なんだが、そんな馬鹿をやりたい、飲んでばかりで観光もろくにせず体力を使う。

これほどの贅沢はいまのおれには考えつかない。

早速発想を具現化。

1人で行くと金もかかる、犠牲者が必要だ。
となると犠牲になるのは当然秘書役のくずである、これは長年の慣行であり反論異議は一切認めない。
順次手配を行い、肉付けをして行く、大体これで疲れ果ててしまい、出発直近で出るセリフが
「おれもう面倒だからw切符やるから勝手に行ってきてw」

計画は数度の改訂を経て、気象の悪化を読み込んで、尚且つ4月前半に立て続けに実家に帰る羽目となり
その辺りの資金計画を織り込んだ最終日程が4/25に確定、それもさらに動くわけであるがw

それにしても5/5小樽1030発ゆうかりのS寝台ぎりで取れた人ラッキーだったねw

4/29
用事で早朝から下田(静岡県下田市)の神新汽船あぜりあ丸訪船、出航間際の本殿をキャッチし用事を済ます。
画像が花毛布新作の「かえる」(1等室)


挨拶もそこそこに用事を済ませると、連休2日目だか3日目だか、ぼちぼち乗せて出航、いってらっさい。


じ後撤収、どうせ午後になると道混む、昼前に三島到達、究極のそばで大もりとちょこ天でさらっと昼飯を済ませてあっさり帰宅。

4/30
予想外のことが起きた、28日朝まで仕事で夜は異動者の送別会で軽く飲み、そして早朝発だったから寝不足気味だった。
夕方から寝てしまい、目が覚めて、なおかつ冴えてしまった午前3時、猛烈な空腹感に襲われる、晩飯食わないで寝てしまった。
この時間食えるものだと牛丼屋かマクド、コンビニが相場、4時まで待って牛丼屋の朝定でも食うか、スマル亭(静岡地場の立ち食いそばチェーン)の
モーニングは昨日下田に行く時函南で食ったしな、とか考えてると結果的に面倒になり「いっそのこと出かけてしまえ!」と妙な方向に
話が動き、旅支度を始める。
どうせ車だし、多少荷物が増えたところで全然構わないのだが、普段の癖で1週間なのにディバック1つの軽装で自宅発0430。
0450第二東名長泉沼津から高速流入、出口で覆面に捕まっている人がいました、あはははは、あさっぱらから特別高速料金請求の
営業活動とはごくろうさまですね、っと生暖かく見守りながら本線を走る、目標は岡崎突破0700、この時間をすぎると3車線化された
岡崎付近でも日が悪い、渋滞要素いっぱいw

しっかし早朝から第二東名の休憩施設、満車だの混雑だの大変ですことw、早朝だと限られた施設しかやっていないと思うのだが。。。

0600過ぎ三ケ日で東名合流、新城でスコーク77のあと、0700過ぎ豊田JCTから東海環状に入る、伊勢湾岸に向かうことが多いので
何神のすごい新鮮な気分、ここまで来るとNHK東京の受信が困難になるので名古屋へ切り替える。

0745長らくのご乗車まことにお疲れ様でございました、と美濃加茂で朝飯兼休憩、うーん軽食はやっているがご飯ものがない。。。。。
全国の高速走行ドライバーが単調な夜を耐え抜き、あんなに待ち侘びた豚汁定食がないじゃまいか、と半分怒りを覚えつつ
頼んだのが山菜とろろそば、天そばでいいやと思ったが天ぷらもあがってなかったみたい、だめね、美濃加茂w


アンケートを渡されたが、この営業体制じゃコメントしようが無い、無視を決め込み、殺伐と飯食って0800発車。
0840前東海北陸道白鳥西から全国で屈指の不採算を誇っていたがNEXCO管理から新直轄へと格下げになり無料化された油坂峠道路(中部横断道)へ
乗継、ちょっと路面は荒れ気味だけど高規格道路として運用されているので運転楽々。

県境の越美通洞、元々は味気ないトンネル名として計画されていたが当時の建設事務所長が「そんな名前じゃだめぽ」と命名された経緯がある。
福井と岐阜をダイレクトに通年結ぶ道を作る思いに感銘を受けた記憶があるが、採算は苦しいのねえ、観光客が通るわけでもなし。
もっとも通ってくれないから混雑もなく無料で快適に走行できるわけだから世の中何があるか分からんw

油坂峠の旧料金所はスノーベース(除雪基地)として運用されているっぽい、そのままR158で発電所ダムヲタのおれとしては
前回時間の関係でよる事ができなかった九頭竜ダムを見物、なかなか素敵なダムであります、おすすめw
堰堤をぶらついて、コーヒー飲んで遅いお花見、標高が高いせいか満開でした、桜の絵はないけどw


満足して九頭竜発車、のはずなのだが缶コーヒー飲んだら財布の中に300円ぐらいしかなくなったw
資金の確保をせねばと道の駅九頭竜に立ち寄り、となりの信金で資金確保、こんな山奥でもサンデーバンキングやってるのねw
道の駅自体、越美北線の九頭竜駅と併設だが、撮影する事もなく山菜おこわのおにぎり買って、なおかつ食べて発車w

朝から食い過ぎです、人が大杉だから仕方が無いのよね、と全く関係が無い言い訳をして見る、いいじゃんね、太るのおれだし、文句ある?w

大野市街地でバンカー手配、渋滞も無いので燃費がいいわね。

1045今夜の宿泊先であるジョイフル福井に到達、風呂に入ってひとやすみさせてください、それなりに疲れたんですw

| http://t-fb.jp/blog/index.php?e=54 |
| 出張w | 08:38 PM | comments (0) | trackback (0) |
動きを検証して見るメモみたいな物
震災から1年が過ぎた、復旧ですらまともに動いていない現状であまり1年だと騒ぐのもピンとこない物があるが・・・

当日は在宅していたが、夕方から予定があったため、もう少しで外出するところだった。
パソコンで緊速覚知、国会中継をつけていたテレビでもなり始めた(当時はまだアナログ)
今にしてみれば揺れている最中に番組がニュースに切り替わるというのは記憶がない。
それもサイマル放送(NHK全波一斉放送)だ、それもそのはずMw8.4(直後暫定値)という数字にぶっ飛んだ。
で、大津波の津波警報発表のEWSがなる、この規模だったら大津波来襲はほぼ確実か。

直感で「こりゃとてつもないことになるな」と考えた、即座に予定をキャンセルし情報収集開始。
幸いと言ってはなんだが、こちらの方での揺れは対した事がなかった。

が、余震の軸があまりにもぶれるのがどうにも経験則に照らし合わせてもおかしい、と思った。

さて、弊社の本拠地は相当ダメージがあったとこの時点で推定出来る茨城県北部であるが
こんな時はどうせ通信が輻輳してしまい連絡なんてまともに取れはしない、こんな時に
周知されるのが171伝言板、これを使ってそちらはひとまず受け身になる事とする。

この時点で問題は2つ
・津波
・宮城県仙台から鹿島までの原発火発のダメージ(これは現実となる)

1530を過ぎた辺りから津波の画像が入ってくるようになった、想像を上回る規模だ。
この時点で岩手県~宮城県の津波画像が送られてくるが、仙台市南部や名取付近の
仙台平野、それもキロ単位で津波が襲うなんて誰が想像した事か、この時点で愕然。

福島県浜通りも親戚が多い地方、母方の墓地が富岡町にある、こっちも相当まずいな。
かなりの被害はまぬがれないという事か、と腹を括る。

しかし、この時点ではどうにもこうにもアクションを起こせるわけでもなく
受け身の方向性を変えるわけにもいかず、無事を祈るしかない。

ひとまずTFBの方に専念する事にする、把握している情報では1名が洋上、1名が都内出張中。
地震の影響で通信困難な状況だが4回線確保している電話でなんとか連絡がつく。
災害時には比較的SMSが強いが、この時点ではキャリアを超えて送受信ができなかった。
ネット経由のメールは送受信はできるが回線輻輳か通信集中かで遅れてくる。

発電所のダウンについて先に書いたが、被災地域は共同火力等を含め、発電所が集中立地
している、被害の全容は把握できないが、全部ダウンしたら電車がまともに動く事はない。
東京出張中の1名については早期救出の必要があるな、と漠然と考える。

今後、近いうちに現場に乗り込む事が考えられる。
無補給で自己完結できる能力が至急必要だ、家の中で一番柱のスパンが狭いトイレに保管してある
非常食、飲料水、あとは燃油用の携行缶、灯油輸送用のポリタンクなど在庫品で確保。
工具類、軍手、安全靴なども引っ張り出す、ブルーシートがどうにも確保できない。
翌々日ぐらいに付き合いがある業者に打診して見るが、どうにもならない。
これは結果的に四国まで調達に走る事になる、それぐらい物がなかった。

夕方から原災法10条通報だの15条通報だの言い出した、ただスクラムまでは入ったから
最悪、炉心が溶けても現時点で臨界事故はあり得ない、放射性物質遺漏で収まるだろうと読む。
ブラックアウトだから冷却には手間取るだろうが、格納容器が飛ぶまでは行かないと考える。
実際は13日から14日にかけて、相当まずい局面もあったわけだが、ひやひやした。

被災地域の1名については早期に無事を確認、洋上の1名についても仕向け地変更。
あと1名、帰宅困難者が出て通信途絶との連絡を受ける、こちらから連絡の代行を試みる事にして
電話をかけて見るが出ない、これじゃ仕方が無いのでその旨をメールで説明、了解してもらう。

あと、電力の不足、これは週明けから問題化しそうな勢いだったがこの時点での対応策が
どうなのか見えなかったため、特に着手せず。

もう1名の帰宅困難者対応、1900から東海道新幹線が運開になったので、情報を速やかに伝達し
三島から弊社社用車で陸送することで対応、日没を過ぎて夜になってしまえば情報の入りは悪くなる。
ただ、津波警報が出ている関係で沿岸部の道路が使えない、増してや山間部通行は路面不良の
恐れもあるわけだが、2200過ぎキャッチして翌03時撤収。

13日計画停電の概要が出る、勤務先の問題もあるが、自宅では3時間程度の停電はどうにでもなる。
2台あるノーパソと携帯を充電して置いて、ネットワークはデータカードで接続できる。
ラジオもある、念のため生鮮食料品は買い置きしないようにした。
(夏場ではない限り品質は維持できると考えられるが)

15日深夜の富士宮地震で被災、ちょうと会社の帰りだった。
ラジオがサイマルに変わって急ぎ帰宅、さすが静岡、何もなし。
ただこの地震で会社がひっちゃかめっちゃかになり、操業休止。

18日、とりあえず燃油と灯油をキャリーして実家へ、この前日に首都高6号線と常磐道三郷水戸間の
緊急交通路指定解除、路面は良くないが渋滞もなくスムーズに走行できる、荷卸しして
携行した燃油を給油して2100帰宅、再度給油してブルーシート調達に走る。

資金繰りが苦しくなってきた、災害時には何と言っても現金である。
とりあえず相当額を借入で調達、後日長期借り入れに振り替えることになった。

大雑把な動きはこんなとこ。


| http://t-fb.jp/blog/index.php?e=53 |
| まじめなおはなし | 06:03 PM | comments (0) | trackback (0) |
ぱくり




まあ、これはこれでいいのかなと。

| http://t-fb.jp/blog/index.php?e=52 |
| mobile | 06:48 PM | comments (0) | trackback (0) |
m3、やむなく実家に帰る(でも滞在は短時間w)
実家嫌いのおれが、どうにもならない用事で帰省することになった。
それも、別件と日程が絡んで2往復する羽目になる、とほほほほw
ちなみに10年ぶりのこと、雨でも雪でも降りやがれ、そんな心境w

9/14午後、台風9号の影響が東名・R246とも残っている状態で
どうせ気が進まない帰省なので、ハンドルを持つ手は自然と山奥へw
東富士道路須走インター~山中湖流出、道志の山奥をひた走り
津久井、八王子から中央高速均一区間で首都高、山手トンネル初通過
なるほど、左から合流して東北・常磐方面は短い内に右分岐しないとだめか
これ事故も多いはずだわ、と思ってたら。ほんとに事故ってたw

1930過ぎ常磐道三郷通過、2020友部で晩飯、常磐道は水戸まで3車線なんで
流れが速い、トラックが少ないせいか走りやすいのよ。

水戸で流出、ちょっと寄り道して2230/2330着発で実家発
弊社実家インターから常磐道流入、翌0100に八潮本線料金所通過
八潮PAでちょいと休憩、何分まだまだ先が長いし、どう帰るかルート選定しないとw

結果的に首都高を用賀まで走り、第三京浜多摩川から横浜新道全線通過
あとはおなじみ無料ルートの新湘南~西湘BP国府津流出~大井松田から
R246城山トンネル通行止めによる暫定対策で御殿場まで無料になっているのを
十二分に活用w、0320足柄SAで夜食休憩、20分あれば帰れると思うがw
御殿場で一度流出して、結果的に弊社インターまで東名を走り0350帰宅

9/15沼津で用事を済ませ某大手船ヲタが乗り継ぎで羽田に寄るというので
失業者のおれ様に飯でもおごらせる名誉を与えてやろうと思い、一旦帰宅後
弊社発、横浜新道までは未明の帰路と同じルートを走行、狩場から首都高に乗る。
ここで1人の時はいつも考えるのだが、狩場から川崎浮島までは首都高神奈川区間
の600円お支払い、羽田までだと特定区間で300円払う必要が出てくる。
(横羽線経由だと羽田で出てしまえば神奈川区間で済むのね、これが)
300円をけちるわけではないが、時間まで余裕があるし、川崎浮島で流出してみた。
(川崎線殿町流出でも料金は同じなんだがw)

結果的にはあちゃーでしたw、そうなんだよ、多摩川を渡る橋がないから
北側にある産業道路塩浜交差点まで迂回して大師橋をわたらにゃいかん
いい勉強になりましたw、で某大手船ヲタ利用便羽田到着と同じぐらいに
羽田空港駐車場P2着、飯食ってお茶飲んで撤収、ここからまた実家に戻る。

空港中央から湾岸線、葛西から千住までC2渋滞wしまいには6号線加平付近で
事故見物渋滞、常磐道はスムーズに流れて水戸インター2050流出2125実家着
この日はさすがに実家で仮眠休憩w

9/16用事もひとまず済んで0830実家発、弊社実家市役所でちょいと用事を済ませて
これで夕方の東京まで一旦フリーとなりました、わーいw
天候は強い雨で風も強くなってきた絶好調のコンディションw

海沿いを走ろうと思いR245~R51と走る、ずいぶん変わったねぇ
東海村を過ぎた辺りにあるマクドで朝マック、朝食はすきやの方がコスパがいいなw



なぜか大洗FTw船いませんが、来ても意味はないと、知っていて来るんだから
どうしようもないw、当然何もいませんでした、はい次w



次は存在自体に意味がないとまで言われる茨城空港、全くその通りw
この日は国内線(BC)も飛んでこない日であり、昼にアシアナが来るだけ
空港が余程珍しいのか、オブザーベーションデッキは人いっぱいw
昼飯食って1215空港発、あとは羽田に向かうだけ、今日は福井支店が
乗り継ぎなので、その対応。

石岡辺りから常磐道に乗るかと思ったが、雨で事故多発、渋滞中に嫌気が差して
ひとまずR6を南進、こっちは意外に思ったほど空いている、らっきw
土浦でちょっと混むけど、難なくスルー、これから帰ると遅くなるしと思って
牛久駅前のイズミヤで買い物、駐車場は有料だけど裏技があるのねw
あ、そうだとちょっと頼まれていた切符があったので牛久駅で購入
パン屋があったので福井嫁を太らせようと言うことでメロンパンを2個
土産に調達、じ後知ったが、マイミクREENOのバイト先だったという
なんちゅう偶然だ、こりゃw、もういかないw



そのままR6を南進、取手のカプヌ煙突は健在で安心、翌日食いましたw
この煙突を見ると食いたくなる人は、多いと思う今日この頃w

柏から常磐道に入れば良かったような物の、三郷はどこにあるんだと
結果的に道に迷い、時間の余裕もなくなってきたので外環三郷西から
1区間しか走らないのに400円お布施w外環と圏央は走りたくないねw

首都高に入ったのはいいが、こちらも雨で事故多発中、羽田まで湾岸経由は
90分以上、箱崎経由は85分、これだったら仕方がないので6号線南下の箱崎回り
すっかり忘れてた、魔の箱崎ロータリー経由じゃないか、このルートはw
浜崎橋を回るにしても、渋滞がここ以上に激しいようだし、泣く泣く
箱崎ロータリー突入、一旦停止して(取締り多いよw)、徐行で進入



湾岸線方面に分岐(9号線)、合流の前で信号があるから、赤信号で停止
青に変わったらそろそろと発進させて、左合流、ふー、緊張したw



あとは有明で湾岸線に合流、渋滞原因となってた東京港トンネルでの事故
も処理が終わったということで、ちょっと詰まるけど流れ始めて1620
大井PAで1635まで休憩、1650羽田空港P3着。



福井支店は1720位に2タミ1番出口に姿を現すw、太っているから1キロ先にいても
おれは分かるが向こうもそう思っているのであろうwすぐに合流w
メロンパンを渡し、もしかしたら福井支店最後の食事となるかも知れない晩餐に
お付き合い、最後の飯がおれと一緒だったとは運がないやっちゃw
(ちなみに無事着いた模様w)

1800過ぎ羽田発、あとは帰るだけ、1人なので当然節約コースというか
そもそもですね、首都高狩場から保土ヶ谷BPが渋滞する時間じゃないですか
東名に入るまで時間がかかるし、その東名も混むであろうという判断もあったw
湾岸環八から湾岸線、狩場で降りて保土ヶ谷BP左合流の右分岐という
これも罰ゲームのようなコース取りで横浜新道、戸塚TBを過ぎたあたりは
カオスな状態、どこを走れば本線に合流できるのかと、この時間は悩むw

あとはおなじみ新湘南~西湘と走り、小田原市内がまだ混んでそうな感じだったし
R246の不通区間は16日0000に開通して、東名無料措置も終了
パスして箱根新道、おなじみ濃霧に突入しつつも湖尻から芦ノ湖スカイライン
特別区間、といっても料金所は1900までの営業だから100円払わなくて済むし
本線は閉鎖だけど、こちらは県道重複区間だから開けておいてくれるらしい。

後は山道を一気に降りて、弊社市中心部まで一直線、帰宅は2120。
3日間で走行距離1000キロ越えました、走りすぎw、もういやだw


| http://t-fb.jp/blog/index.php?e=51 |
| おあそびw | 09:03 PM | comments (2) | trackback (0) |
お盆休み(?)その7
取りあえず、これがラスト
と言うか、お盆からは大きく外れていることは
あまり気にしない方がいいと思うw

日は変わって8/28

幹事長代理と弊社間、電報のやりとり
【幹事長代理発】
おはよう!
185系の間合い運用普通列車521Mでただいま西へ向かっております。
車内は朝っぱらから缶びーる飲んでる奴がいぱーい。
「踊り子」と雰囲気一緒やないかゴルァW
大まかな計画は、11時から12時位まで岳南の比奈駅をうろつき、
1413金谷着。後は新金谷周辺を臨機応変に蒸機撮影っちゅう腹積もり。
四年ぶりの18きっぷ旅でつ。道路事情のあまりよくないとこばかりW

【弊社発】
早朝から全くご苦労さまでw

【幹事長代理発
ほんまやW
国府津で職員輸送列車のクモヤ143を撮りますた。
そのため国府津で185系を捨てますた。
職員輸送のクモヤは8時46分くらいに国府津駅を発車
するので今後の参考にしてくらはい。
日曜日も運転してるかは知らんですが。

【弊社発】
国府津から吉原は遠いなw
ちなみに比奈だと駅近くに止められる場所があるので
駐車場には苦労しないと思われるw

【幹事長代理発】
さようでつか。ED50は営業路線の定期運用ある電機としては
我が国最古参やから一見の価値ありです是非おいでやすW。
構内入換シーンを撮ってますんで。

【弊社発】
わかりますた、比奈ね、30分かからんでいけるわ

これは重大な本社機能への挑発行為と認定w
毎度の事ながら安直というか暇人というかで出撃決定w

0945弊社発、一気に山越えw
1030過ぎ岳南鉄道比奈駅に到着、小さい駅だから改札に
いればいいかなと思ったけど、ネタにするのに悪いなあと言う
気が先に立ってしまいw、入場券を購入、実際に使いました。
駅員も何かびっくり、そりゃこんな小駅で入場券は普通使わないよな



1042幹事長代理着、ホームにいるのを意外そうな目で見る
そりゃそーだw



改札を出るとき「よかったらお持ちください」と入場券くれた
親切ねwありがとう!鉄ヲタと間違えられちゃったかしらん
(自分でよく理解しているので突っ込みいらないw)

 

目標は車扱いの貨物列車、メールの通り古いEL牽引なので
珍しいと言っちゃ珍しい。

 

電車は時折行き交うが、肝心の貨物が来ないw読み違い??
貨車はいるけど実車か空車か分からない、伝票が見えんw
というわけで1130過ぎ現地撤収となる。

この少し前に「金谷まで走る?」と質問したところ、どっちつかず
だったので、この際走りましょうw

と、どっちつかずだったのに、車に乗るやいなや
「富士岡(岳南富士岡駅)にいってくれる?」と早速のリクエスト

 

隣駅だし、大した距離でもないので向かうと、これまた古い機関車がw
男2人で殺伐と撮影して、吉原東からR1に乗る。

 

富士市内R1走行中、幹事長代理が「ディアナ号の錨」という標識
を発見、確かに気がついてはいたが行ったこと無かったので
この際、停車扱いすることにw

R1から外れてちょっと走ると現場到達、こういう歴史か。
おれも聞き覚えがある程度の話だけど、一つ賢くなりました。
思いをはせつつ、前進開始、由比蒲原BP経由、流れが速いw
清水でバンカー手配、富士だの清水だの油高いよw

清水から静清BP、長崎インターを越えるぐらいでちょっと混み合うけど
その先はスムーズに走行、1300過ぎに丸子まで到達
お腹が空いたと言うこと、何となくおれも腹減ったw
この辺りはとろろが有名だが、あれは観光客向けだしwと言うことで
以前から気になっていたドライブイン東海道で飯休憩。

 

昔のドライブインって感じで素敵w
幹事長代理はハンバーグと白身フライの東海道定食
(幹事長代理はハンバーグ好き、浅草の神谷バーでも食ってました)
おれはカツ丼と豚汁という体力維持メニューw、あ、ごちさまねw
味の方は満足、満足、うまかったです。

1330前進再開、ここまで来ちゃうと金谷までもう少し
藤枝でちょっと混むけど、1430過ぎに大井川鉄道福用駅付近到達
撮影ポイントを探しつつ、ファーストポイントを確保。

 

ここで京阪旧3000系(特急車&テレビカー)と近鉄16000系
(南大阪線特急車)を撮影



場所を変えて、手前に静岡らしい茶畑があるポイントで待機
C11を撮影、いい感じですが、逆行なのね、千頭に転車台ないか

再度移動要請があり、一つ千頭よりの大和田駅近くに移動
俯瞰撮影みたいな感じで絵になるポイントを確保
車も安全に止められそうな場所w

 

ここで目当てのC56タイ国鉄塗装車を撮影、この日を最後に
国鉄色に塗り替えデフ板の取付も行われるらしい。
これが目当てだった幹事長代理、想定外だったようで
撮影はできたが、いまいちだったとかそうでないとかw
因みにこの列車は補機(電気機関車「いぶき」)付き

新金谷駅に移動要請、どっちつかずだったのに結構利用しますなw
15分ぐらいで新金谷駅着、さっきのC56に追いついたけど
構内配線の関係で客扱いが新金谷まででも、金谷に回して
新金谷入庫という流れらしいので、駅横で撮影待機。
石炭の山があって何だか萌え萌えしちゃうのねw

 

先にC11が帰ってきて、側線に入ります。



そしてC56がお帰り、乙ですw

それにしても撮影ヲタがいないね、なんて話す。

そうすると、幹事長代理が今日はないんじゃないかなとか言ってた
3本目のSLが新金谷着、これはC11

ここで撮影切り上げ
駅前にある元スーパーみたいな「プラザロコ」で涼むw



井川線が線路支障により部分運休、ちと心配

 

中には井川線の旧客車や古いSL等があり興味深い。
一通り見て、新金谷駅のジオラマが展示されているのを発見
売り物みたいで、欲しいね、とか話す、高いだろうなw
Nゲージ規格だからTOMIXのレールとつないで100系でも走らせると
ちょっと面白いかもw


幹事長代理の土産購入に付き合い、大井川鉄道撤収。
SLダイヤがわかりにくいw

バイパスに戻り、ちょっと藤枝で渋滞、すぐ解消
静岡市内もトンネルが連続するあたりで、ちょっと詰まるけど
千代田上土インター(井川方面はこちらから)位で解消
時間がかかりそうだから、状況によっては清水富士間を東名経由で
走りますか、とか言ってたけど、全然問題なしw
由比蒲原のあたりは普段通り、そりゃびゅんびゅんでしたw

富士市内でR1から左折、幹事長代理が掘り出し物見つけたいので
ハードオフによって欲しいとか言い出す、おれ場所しらんw
そしたら幹事長代理が知っていました、なんのこっちゃw
1830停車扱い1845発車w、富士インター手前にあったのね

富士インター直進で西富士道路広見~山越えと言う毎度のルートだけど
富士サファリ越えてから御殿場方向に左折、目指すは温泉w

幹事長代理も温泉!モードらしく、弊社至近のヘルシーパーク裾野
で温泉停車扱いw、ここの温泉は重い、みっちりしたお湯。
このお湯でアメニティつき3時間500円は安いと思います。
幹事長代理も満足したようで、瓶牛乳飲んで2030過ぎ撤収

弊社駅まで送って、すぐ電車が来るのでおれは先に引き上げw
2115帰宅、結構焼けちゃいましたw

これでお盆から一連のテキスト版は完了です。


| http://t-fb.jp/blog/index.php?e=50 |
| 出張w | 09:08 PM | comments (0) | trackback (0) |
お盆休み(?)その6
日は変わって8/22のSUNDAY!
毎日日曜日です、はい、はしゃぐ必要ないですねw)

mixiメッセージに依る電報を一部転載
【OTさん発】
22日の日曜日、ご都合よろしいのですか?
よろしいのでしたら、お言葉に甘えて、熱海駅の改札出たとこ
午前10時を目標に行こうかと思いますが、それくらいの時間で
ええでしょうか。

【弊社発】
時間は問題ないのですが、この時間熱海の駅前ロータリーは
旅館送迎の車両で混雑し駐車場の確保も困難であります。
18きっぷですよね?、でしたらご面倒様ですが伊東線の1つ
伊東寄りにある来宮駅でお願いできませんでしょうか?
熱海10時ですと、熱海発伊東線が10時11分というのがあります、
来宮であれば送迎もほとんど無いですし、近くにコンビニが
あるので連絡を受けてすぐにお迎えに上がることができます。
全然関係ない話ですが、この伊東線の電車は伊豆急下田直通の
伊豆急の車両ですw

と言うように作戦実施が決まったw

当日0815弊社発、市内のすきやで豚汁朝食セット食ってw
熱函道路に入り、想像以上に早く0910過ぎには旧料金所
まで達してしまったので、車を止めて休憩w
暑いことは暑いが、山の上だからかぜはそこそこ涼しい。

ここでOTさんから電話、無事出発の模様
予定通り来宮着との情報、0940に休憩も飽きたので
来宮駅上にあるミニストップによる、ついついソフトクリームを買う
うまいが、泣くw(またふとるw)

1005過ぎ、来宮駅到着、OTさん1014の電車で到着、ピックアップ完了

早速熱海港へ移動、18きっぷで本日中に関西帰着とのこと
まあスケジュールはそれなりに考えておりますw

熱海市内はさすがに海水浴客でにぎわっておりますなw
1040発と思っていた大島JETが1025発だったという番狂わせ

(参考)
OTさん、車の中から撮影する、お互い必死でありますw

ターミナル横の駐車場は満車、後楽園横の駐車場は何とか
入れたので、車を止めて1030発富士急マリンの初島航路
イルドバカンス3を2人で撮影、回りは花火の準備中ですw
ちらっと災対埠頭(客船が接岸できる)を見て、ターミナルへ



にぎわう初島切符売り場、静まりかえっている東海汽船
パンフレットを各種収集した模様w

で、リクエストとして伊豆の国にある駒ノ湯温泉という話があったので
調べておきました、ということでれっつらごーw

熱海の坂道を登って、熱函道路、函南町役場の交差点(五差路?)
を左折、後は案内看板があるので、従っていきますと・・・
1130過ぎ現着、混浴露天があるとのこと、しらんかったw

浴場は狭からず広からずでお湯も柔らかくて素敵、ぬるさがいいね
まったりと一風呂浴びて、混浴に行く気満々のOTさん
お目付役(?)のおれ、付いていきます。

結果的にはおっさんが入っているだけでしたw
規模的には小さい岩風呂が2つ3つあっただけ、ちょっと狭いですねw
入浴は断念、喫煙所で少し休憩。
すぐそばに自販があったので、OTさんにコーヒー(想像にry)
自分用にミネラルを買って喫煙所に戻る。

風呂に入りますとコーヒー(想像ry)ミネラルも旨いですw
2人で盛大に煙を撒いて、1230過ぎに撤収w

昼飯は「沼津あたりで海鮮」というリクエストではありましたが
・沼津インター辺りに観光客向けの店はあるが、値段の割には(ry
・時期が時期だけに相当混雑が予想される
ということで三島の鰻に方針変更、ごちさまです。

店は三島通過プレゼントでおなじみ、箱根峠4キロ手前にある
鰻工房竹屋、感想を聞くとうまいらしい。

囲炉裏の席に通されて、うな重をごちさまになりますが
確かに旨い、これはいいです。
鰻屋は待って当然、すぐに出てくる鰻屋はろくなもんじゃないw
肝吸いもうまかったなあw


というわけで、食後のうなぎパワーを生かして、一気に箱根を上り
芦ノ湖スカイラインに突入、メロディーベープの曲に感心された
と言うか呆れたというか、そんなコメントw
(走行音が「ふじの山」になるんですね)

途中芦ノ湖遊覧船が見えるポイントで臨時停車扱い
短い時間ですが撮影タイムw景色はいいですね、この道路w

湖尻峠から、入りにくい県道に突入し、一気に弊社市へ
弊社駅を見て、OTさんぼそっと「田舎の駅だ・・・」
おれ「どうもさーせんwwww」なんのこっちゃw
確かに田舎の駅です、でも駅前に立ち飲み屋があるんですよw
阪神梅田みたいでしょうと、後から思ったねw

さて、これから山越え、OTさんには「けつからヤニ出るほど
たばこを吸っておいた方がいいんでないかい」とアドバイスw

1530JR富士駅前で降車扱い、まだ時間的に充分帰れるはずw
しかし、遅くまで引っ張ってすんませんでしたw

で、おれは山越えた後、バンカー手配、1630帰宅。
長距離が続いたせいか、これぐらいは普通に思えてきたw


| http://t-fb.jp/blog/index.php?e=49 |
| 出張w | 07:02 PM | comments (2) | trackback (0) |
お盆休み(?)その5
日は変わって8/19

日中にあった電報のやりとりを一部再現

【本殿発】
今日のANA最終便がとれたので…帰ります
今は3号はやぶさ…青→函 です



【弊社発】
羽田に送迎で走りましょうか?暇ですし


【本殿発】
非常に助かりますが


というわけで、出張決定、何とも安直というか暇人というかw

弊社1345発、県道の狭い山道を走り湖尻から芦ノ湖スカイライン特別区間
2キロ弱で100円、これも高いw
今日も芦ノ湖大観インターから箱根新道に入り箱根口から西湘BP
今回は早目に出てきたので海沿いを走ることにしましょうw
無料化実験区間が続くのでお得でありますw

と思ったら、腹が空いたので(計画的)西湘BPの西湘PAで遅めの昼飯
このあたりの高速ではC-1(カレー)グランプリつーのをやっていて
各施設でそれぞれ違うカレーが食えると言うこと、西湘PAはドライカレー



(小田原産)の玉ねぎ唐揚げが甘くておいしかった、これはいいですねw

デザートにアイスもなか食って、再スタート。

西湘BPを降りて、詰まりながらも、新湘南BP茅ヶ崎インターにたどり着き
再び上を走行、ここも無料、藤沢からはまた渋滞だがそこそこ流れてる。

戸塚から横浜新道に入るかなと思ったけど、まだ16時前
本殿羽田到着は19時過ぎなので、時間に余裕があるので下道続行w
結構いい感じで流れております。

狩場から首都高?また1630にもなっていないので下道でGOw

結局川崎は塩浜で右折、産業道路を通って多摩川を渡り、羽田6丁目を右折
後はひたすら直進で1730羽田空港駐車場P3に到着、早すぎるってさw

2タミで待つのも暇なので、折角だし(?)無料バスで1タミに移動
バスは頻繁に来るし、コーヒーでも飲もうと思ったらライブカレーの魔の手にw
1タミの到着はカレーの香りがするわなw


(エビとホタテのカレー、うまかったよw)

食って2タミに撤収w
1910過ぎ、本殿お出ましをキャッチして1930下田向け走行開始

湾岸環八から首都高B・K3、新保土ヶ谷から横浜新道に入る
走行中は本殿の成果話を静聴するw

戸塚でバンカー手配21時過ぎ。

ここから渋滞はほとんど無く、新湘南・西湘とたどり、渋滞はないだろうと思ったけど
小田原熱海間が読み切れないので、箱根新道を上がって、熱海に下り
(何とも無駄なエネルギーだw)R135へ入り、下田まで、もう道を間違えようがないw

途中いるかお勧めの伊豆っ子ラーメンで飯休憩、冷やし中華ごちさまですw

伊東市内に吉野家ができてたのにはびっくりしました、まあ店無いしね
夜中も安心だw(川奈にすきやはあるけど)

本殿が白浜のファミマに寄りたいとか言い出すので臨時停車扱い、2340
店が移転しており、駐車場も広くなっております、おれはトイレw
なんと店内に警備員がいるw客が多いのか治安が悪いのかw
移動交番も立ってるし、サーファーのたまり場だし、まあ答えはw

0000ちょっと過ぎ、本殿邸宅前にお送りし、降車扱い、お土産もらったよw

再びR135に戻り、河津三津の三差路から天城峠の山越え開始w
さすがにこの時間だと通行量は少なく快適なドライブ、眠くなったら
天城峠道の駅で仮眠を取ろうと思ったけど、続行可能で、そのまま走る。

修善寺道路の料金所は無人で、そのままヌルーさせていただきましたw
いつも150円お布施しているじゃないですか(軽なので)
一方、伊豆中央道は自動料金収受なので、きっちり取られます。
この時間だから通行料少ないだろうと思ったけど、三島寄りからは結構
対向車が走ってきた、ここ通らなくても時間的に変わらないような気がするけどw

伊豆中央道からR136に復帰すれば、弊社市中心部まで第2走行車線をひたすら直進
0150帰宅、風呂に入って水割り飲んで03時に寝ましたw


| http://t-fb.jp/blog/index.php?e=48 |
| 出張w | 06:08 PM | comments (0) | trackback (0) |
PAGE TOP ↑